作っている最中にごちゃごちゃしてきて、それ以上手を付けたくなくなってしまう、といったことありませんか?


 私はよくあります。

 
 完成に至らずそのような状態になっている曲がたくさんあり、ここ1ヶ月やる気がでませんでしたが、楽曲内のデータをひとつづつ整理していてわかったことを書きます。


 

 作成中は早く完成させたくてとにかく音を追加してしまうのですが、そうするとミキシングにおいて手間が増えます。
 
 各データに名前をつけていくことは面倒なことですが、楽曲全体を俯瞰すると最も効率のよい作業です。

 作業全体の中で今なにをしているか、最も重要なことは何かを確認しながら作業を進めていくことです。



 ここで作業、と書きましたが、重要なのは作曲ではなく作業です。

  • コードが機能しているか
  • データに名前は付いているか
  • 色分けできるならカテゴリーごとに分けてあるか
  • 不要なデータは残っていないか
  • 不要なFXは入っていないか
  • 進行マーカーは適切に入っているか


といった事務作業が楽曲作成の効率をUPさせます。つまらない作業です。




 

 作曲を楽しむだけならそんなに考える必要はないですが、楽曲を聞いてもらうことをゴールとするならばとても重要な作業でしょう。