新曲です。



 minimal house


Shades


 dj R-tech






  曲解説はmuzieを御覧ください。


 ミニマルハウス素材集の購入を記念して作りました。オーディオデータのみで曲をつくることをテーマとし、midi、自分のメロディは一切入れていません。素材自体はFXも聞いて聴き応えがありますので、メインメロディは決めやすいのですが、楽曲を広げることは難しかったです。なにより、そんなに面白く無いというのが問題です。オリジナル曲ではありますけど、自分の感情が含まれているとは言いがたいです。

 反面、wavファイルオンリーという制約のがある中でいかに展開を作るかに着目した点は良かったです。手作業でスタッター効果をつけました。スタッターをつけるいいエフェクターをご存知のかたいらっしゃいましたら、教えていただければ幸いです。


 ただ、この曲は今後触れることはないと思います。前述のとおり、オーディオファイルのみなので、アレンジもしにくく、私自身が主旋律に思い入れのないことが原因です。



 今回の曲で考えざるを得なかったことに



 聞いた人にどういう感情をもってほしいのか 
  
 

 ということがあります。曲紹介にもございます通り、人間のネガティブな部分を表現しています。



 しかしながら、それを聞いた所で何か得るものがあるのか?そもそも、私は作曲を通じて何を伝えたいのか、という点を追求してみると、そのようなネガティブなものを伝えたいわけではなく、聞き手の感性を豊かにするような楽曲を提供したいのだ、ということに思い至りました。


 これを現時点でのポリシーとして今後の曲作りに励んでいきたいと思います。
 
 
DTM ブログランキングへ