日大アメフト問題で面白い記事があったので意見を。

「除名」妥当68%「軽すぎる」の意見も― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

除名でも軽すぎるという意見が30%近くあったんですね。このような意見が出ると思っていなかったですが、日本には常識を超えるアイデアがまだまだあるんだなと楽しみになってきました。



・規約の問題

 除名という懲罰は大体の社団規約に盛り込まれていますが、執行されることは滅多にありません。存在が消されるという点では死刑に相当するからです。故に、今回、最高懲罰である除名が執行されるということで一定の解決をみたと私は思い込んでいました。井上コーチについてはちょっと重いけど仕方ないな、くらいの見方です。


・世の中は違った

 しかし、除名では軽すぎるという意見が30%もあります。これは現在の最高懲罰であっても相当しないということです。既存の枠組みの中では絶対にでてこない発想です。枠組みとは常識のことです。除名=最高懲罰というのは常識です。とはいえ、それは現在の枠組みにおける発想であり、枠組み自体が変わってしまえば除名=最高懲罰ですらなくなってしまいます。常識を超える発想とは感情から生まれるのかもしれません。


・除名以上の懲罰とは?

 次に除名を超える懲罰は具体的に何があるのか考えてみましょう。あくまでも社団における懲罰です。いや、この懲罰を超えるために刑法があるのかもしれません。関東学生連合が事実認定をし除名という処分をしたこと、その事実は警察の捜査においてもある程度の影響をあたえると思われます。もし、”立件されない”となったら世論がだまっていませんよね。
 今回は、懲罰の権限をより上級の機関にバトンタッチしたと考えられるのではないでしょうか?今後は警察、スポーツ庁からなんらかの処分がでると思います。
 そこまでいけば除名では軽すぎるという意見も落ち着くことでしょう。



・DJR-techは何を言いいのか
  
 常識を超える発想をしたい、ということ。当然として受け入れているものであっても、それを異常とみなす人たちがいる、これは世代だったり地域だったり組織だったりで違う。
 ゲーム開発でも自分が当然としているものが陳腐であったり難解であったりする。
 疑う余地なく過ごしている物事にこそスポットを当てよう。面白いものはその先にあったりする。