キャプチャ


 こんな感じでテキストファイルに会話内容を書いておきます。

 先頭の数字:フォント、キャラクターの指定 
 2番の数字:ポーズの指定

 先頭の数字でキャラクターを指定し、2番めの数字でそのキャラクターのポーズを指定します。


 
ついでに文字を一文字ずつ表示できるようになりました。こんな機能はなくてもいいのですが、こういう本筋とは関係ないところこそが遊びなんですよね。昨今のデザインを見ると細かいところでモーションするものが多いです。また、テキストファイルで読み込んだ文が終わると自動で次の段階に入ります。



・なぜする必要があったか

前作までは会話とポーズ・フォントを一つづつ指定してswitch文で遷移させていました。しかしそのやり方だと途中で挿入する場合すべて修正しなければいけません。今後の開発効率を考えると何らかの修正が必要でした。次に、英語版を作成するという理由が挙げられます。コンフィグから言語設定できるようにします。その際に引数によって読み込むファイルを変えるようにして英語版に対応したいと考えたからです。まとめると開発効率を上げるため、ですね。