1

今作のステージ3は分岐ステージにしようと考えています。

自機が画面中央より右側にいるとルートカウントが加算されます。逆に左側にいると減算されます。



2


各セクション終了時にルートカウントが正なら右側ルートへ負なら左側ルートへ移行する仕組みです。
上記画像ではSectionB1となっています。


3


 こちらはB2ですね。


 セクションは縦にABCDE,横に12345という番号を振ります。ちょうどボーリングのピンのようなイメージで2分岐しながら進みます。

 E2,E4に中ボス+1UP、E3に無条件ボム、E1,5に条件付きボムを配置する予定です。

 

 ステージ途中での分岐は私の知る限りダライアスが初めでしょうか。その際は選択時間に自機が上下どちら側にいるかで決定されていましたね。

 このようなシステムを簡単に実装できたのもステートパターンのおかげです。ステージ、状態が相互に行ったり来たりする場合は大変便利です。以前も貼ったと思いますが、ステートパターンについて東京工業大学デジタル創作同好会さんのサイトがわかりやすく解説してくださっています。ご参考にどうぞ。

 また、ステージ分岐システムはトリックノスタルジー様作成の連縁天影戦記を参考にしています。




Altseedを使用しています
http://altseed.github.io/