Project Anthem(TCストライカーズ)

ぷろじぇくとあんせむ公式サイトであり雑記ブログ。当サイトはリンクフリーです。

DTM

それでは不要な内蔵プラグインを消していきます。


FLの内蔵プラグインを削除する1 - 削除していいプラグイン
FLの内蔵プラグインを削除する2 - 削除の方法  ※この記事


1.削除したいファイルのフォルダパスを表示する

3


ブラウザを表示し、Plugin database>EffectまたはGenerator>カテゴリーを選んで>右クリック。

スクショを取り忘れてしまったのですが、英語で5項目くらいの選択肢が出てきます。その中でdelete fileを選ぶと上記のような確認ウインドウが出てきます。

OKを選ぶとそのまま消えてくれますが、消してしまうのは怖いという人も多いでしょう。そこで表示されているフォルダパスに移動して対象ファイルを別の場所に移動させるという方法を取ります。
試しにFruity X-Y Controller,Fruity X-Y-Z Controllerを削除します。



2.対象ファイルを別フォルダに移動する

1

移動させるようにフォルダを作ります。


2

1で調べたパスに移動するとこのようなファイルがあります。必要がないものをさっき作ったフォルダに移動させましょう。


4


すると、きれいに表示されなくなっています。この間、手動更新はしていません。フォルダから抜くとリアルタイムで消えます。

もし、必要になった場合はこのフォルダに戻してやれば復活します。案外簡単です。ちなみに私の名前は世を忍ぶ仮の名前です。

FLの内蔵プラグインを削除する1 - 削除していいプラグイン ※この記事
FLの内蔵プラグインを削除する2 - 削除の方法  


flstudioにはたくさんのプラグインエフェクトがあります。どれも高品質で便利なのですが、使わないものも沢山あります。使わないものがリストに残っていると探すのに手間がかかるので消しましょう。


1.使わないプラグインとは

以下のものですね
  • 互換のために残されているもの
  • 低品質なもの
  • オプション的なもの
  • 体験版


・互換のために残されているもの

例えばparametric EQ、parametric EQ2などです。新しいやつがでてるけど、消しちゃうと古いflpを開いた際にエラーが出てしまうからです。しかし、そういうの使ってない人には必要ないです
ね。消します。

初代
parametriceq

ツー。グラフィカルで使いやすい
5


私の場合ですと、parametricEQは使ったことないですね。flに移った際にはすでに2が出ていましたので。delay系はまだdelay2でした。これから始める子は主にdelay3を使うことになるでしょう。


・低品質なもの

付属のスペクトラルアナライザは残念ながらつかいものになりません。無料のbluecatAnalizerの方がいいです。

Spectroman


・オプション的なもの
Visualizer,htmlmemoのような音楽に直接関係ないものですね。使っている人見たことないのですが、使っていなけば不要です。midi操作系も最近は使わないですね。fruity dance…


・体験版

試してみて買うつもりがなければ消しましょう。買わなければセーブできないので。ちなみしばらく待ってれば無料になる場合もあります。maxmusはfl9で体験版でしたが、fl20では無料です。11段階もバージョンアップしたように見えますがそんなことないです。




次回は消し方について書きます。



先日FLstudio12.5がリリースされました。
 
 最近sylenthと立て続けに新バージョンがリリースされ面倒くさいという気持ちが大きいです。とはいえ、最新バージョンにすることで不具合が起きにくくなるので更新したほうがいいですね。英語で書いてあるので若干抵抗ありますが、中学校レベルの英語なので単語ごとに読んでいけばなんとかなります。


 キャプチャ

 要は”インストールしたら認証しろよ”ってことです。いつもどおりDEMO版でインストール、認証で製品版の流れです。


 ・認証方法
 「ツールバー」の「?」にポインタをあてて表示された項目の一番下「about」を選択。

BlogPaint


 このような画面がでてきます。

キャプチャ2

 image-lineに登録したアドレス、パスワードを入力して完了です。


 ちなみに画面のフルーツはビートに合わせてドキドキします。

  
 こういう遊び心がFLらしくていいですね。


「まあ応援してやるか」と思ったらクリックして下さい。




 先日sylenth1がver3.023というなんとも微細なバージョンアップをしました。

  
 見た目には殆ど変わっていませんが、バンクファイルの管理が楽になったようです。

 今バージョンからバンクファイルはドキュメントフォルダに置かれるようです。最近の流れですかね、昔はprogramフォルダに置かれてあったため触っていいものかどうか不安でしたが、ドキュメントフォルダならソフトの挙動に影響をあたえることはなさそうです。


 ドキュメント>Lennar Digital >Sylenth1 と進みます。するとSoundBanksというフォルダが見つかります。その上の2は私が作ったものです。

 キャプチャ


中にはデフォルトプリセットが入ってます。まあ1〜3くらいしか使いませんが・・・


キャプチャ2

 
 次にオリジナルなどの外部バンクを利用する場合です。

キャプチャ2

 
 Menuからこのように開きます。するとデフォルでは "Choose Location"という項目だけが出てきます。これは”参照するのはどこか教えろ”とう意味です。私は先程のSoundBank2というフォルダを作りそこに格納しています。

 罫線の下に並んでいるのがその内容です。SoundBank2のフォルダで確認しましょう。


キャプチャ3


 きちんと反映されていますね。購入して追加したい場合はここにぶち込むだけでOKです。WAIO PSYTRANCEというバンクファイルはLennar Digital公式ページで無料配布してあるやつです。自分の好きなジャンルの物があるかどうか観てみるといいですね。
 

 LennerDigital 公式

 BIGUPを退会しました。強制的に移動させられた上に自動で収益化されていたということもあり不信感が募ってきたためです。サウンドクラウドの運営が厳しくなっているという話もあり、音楽配信スタンドはどこも厳しい状況なのだと思います。とは言え移行発表から実施まで一ヶ月もなく、退会の仕方も見つけにくくしてあるというのはやりすぎです。複数回問い合わせた結果、やっと退会できましたので記事にしたいと思います。



BIG UP退会の手順。
  1. 楽曲の公開を停止する
  2. アーチストの公開を停止する
  3. 分配金を0にする
  4. 退会申請


キャプチャ

 1.楽曲公開停止
 
 自動で移行した方は全楽曲公開状態になっていると思います。それを一つづつ公開停止します。公開中か停止中かタブで切り替えられますが、一曲づつ変更しないといけません。


 2.アーチスト公開停止

 アーチストの公開を停止するためには全楽曲の公開状態を停止しなければいけません。しないと以下の警告が出ます。

 キャプチャ2

 

 3.分配金を0にする

 長いこと公開していると微々たる量ですが分配金が発生しています。私は233円ありました。しかしこれが厄介で1000円以下だと下ろすことができないのです。 
 ではどうするか、問い合わせるしかないのです。
  
 退会したい旨を送ったメールに対する返信です。


また、分配金が1000円未満の場合は分配金が引き出せず、退会申請のボタンが押せないかと存じます。
> その場合、「第23条(退会後の取扱い)」従いお手続きを進める事となります。
> こちらをご参照いただきご同意いただける場合は、弊社にて退会手続きを進めていきます。

> お手数ですが、改めてこのメールに退会したい旨をご連絡いただけますでしょうか。

> ※流れといたしましては、返信をいただいた後、登録口座への振り込み手続きを進めさせていただきます。登録口座に分配金振り込み後、アカウントの退会処理を弊社にて行わせていただきます。

 


 メールをくださった方は丁寧に対応してくださいましたが、そもそも移行時点で猶予がなかったこと、情報が足りなかったことが原因です。


 4.退会を申請する
 
 公式に退会を申請します。私の場合は上記メールにてそのまま退会申請となりました。古くからmuzieを利用しており収益化にも積極的でなかった人は分配金1000円以下ということもおおいのではないでしょうか。



 色々あって申請から2週間くらいで退会できました。


 muzie(Big Up)は聞き専の頃から考えると10年以上利用したサイトです。ここでたくさんの楽曲を聞き出会いもありました。
 今後音楽配信サイトがどのような方向に進むのか、それは不明です。しかしながら、muzieの終焉は一つの時代の終わりを感じざるを得ません。

↑このページのトップヘ