Project Anthem(TCストライカーズ)

ぷろじぇくとあんせむ公式サイトであり雑記ブログ。当サイトはリンクフリーです。

雑記

 BIGUPを退会しました。強制的に移動させられた上に自動で収益化されていたということもあり不信感が募ってきたためです。サウンドクラウドの運営が厳しくなっているという話もあり、音楽配信スタンドはどこも厳しい状況なのだと思います。とは言え移行発表から実施まで一ヶ月もなく、退会の仕方も見つけにくくしてあるというのはやりすぎです。複数回問い合わせた結果、やっと退会できましたので記事にしたいと思います。



BIG UP退会の手順。
  1. 楽曲の公開を停止する
  2. アーチストの公開を停止する
  3. 分配金を0にする
  4. 退会申請


キャプチャ

 1.楽曲公開停止
 
 自動で移行した方は全楽曲公開状態になっていると思います。それを一つづつ公開停止します。公開中か停止中かタブで切り替えられますが、一曲づつ変更しないといけません。


 2.アーチスト公開停止

 アーチストの公開を停止するためには全楽曲の公開状態を停止しなければいけません。しないと以下の警告が出ます。

 キャプチャ2

 

 3.分配金を0にする

 長いこと公開していると微々たる量ですが分配金が発生しています。私は233円ありました。しかしこれが厄介で1000円以下だと下ろすことができないのです。 
 ではどうするか、問い合わせるしかないのです。
  
 退会したい旨を送ったメールに対する返信です。


また、分配金が1000円未満の場合は分配金が引き出せず、退会申請のボタンが押せないかと存じます。
> その場合、「第23条(退会後の取扱い)」従いお手続きを進める事となります。
> こちらをご参照いただきご同意いただける場合は、弊社にて退会手続きを進めていきます。

> お手数ですが、改めてこのメールに退会したい旨をご連絡いただけますでしょうか。

> ※流れといたしましては、返信をいただいた後、登録口座への振り込み手続きを進めさせていただきます。登録口座に分配金振り込み後、アカウントの退会処理を弊社にて行わせていただきます。

 


 メールをくださった方は丁寧に対応してくださいましたが、そもそも移行時点で猶予がなかったこと、情報が足りなかったことが原因です。


 4.退会を申請する
 
 公式に退会を申請します。私の場合は上記メールにてそのまま退会申請となりました。古くからmuzieを利用しており収益化にも積極的でなかった人は分配金1000円以下ということもおおいのではないでしょうか。



 色々あって申請から2週間くらいで退会できました。


 muzie(Big Up)は聞き専の頃から考えると10年以上利用したサイトです。ここでたくさんの楽曲を聞き出会いもありました。
 今後音楽配信サイトがどのような方向に進むのか、それは不明です。しかしながら、muzieの終焉は一つの時代の終わりを感じざるを得ません。

 今回はこっちで断捨離の記事を書きます。それまでの断捨離記事は以下

  作成データ編
  東方関連物編
  同人誌編


 DTMをする人にとってWAVESは必須、とよく言われていますね。私も以前使っておりその品質はすばらしいです。グラフィカルな操作画面で簡単に高品質の音をだすことができます。

しかしながら、一点問題がありそれが致命的だったためながらく使用しておりませんでした。その問題点とは


 FLstudioと相性が悪い


 ということです。度々不具合を起こし作成中のデータが初期化してしまったり、画面だけ出て操作できないことがありました。windows10にアップデートして以降顕著です。

 そのようなこともありここ2年ほど使っていませんでした。とはいえ6万(GOLDとL316)もしたわけでいつか使うだろうと思いずっと取ってあったんですね。
 
 今回手放した、というのはパスワードです。これで私が今のアカウントで再使用することはできないでしょう(まあゴネればできるでしょうが)。なぜ手放すことができたのかそれには3つの理由があります。


  1. FL内蔵プラグインが使いやすくなった
  2. 自分の能力が上がった
  3. 用途が限定された


1.FL内蔵プラグインが使いやすくなった
 
 FLユーザーの方はご存知でしょうが、以前に比べて遥かに見やすくかっこよくなりました。世間のデザインの主流がリアル系からフラット系に変わったというのも追い風でしたね。文字中心なのは相変わらずですが2の理由によってそれも不要となります。


2.自分の能力が上がった

 wavesの魅力の一つはグラフィカルなインターフェイスです。これによってパラメーターの意味がわからなくても直感的に操作可能です。逆に言えばパラメーターの意味さえわかればグラフィックは不要です。当時に比べて私自身がそのような専門用語を理解し使いこなせるようになりました。”FLはなんでこんなに不親切なんだ??”と思っていたものですが今となってはこのシンプルさが気に入ってます。


3.楽曲の用途が限定された

 今現在、DTMはもっぱらゲーム音楽のために使用しています。となると使うプラグインも限定されてきます。私が頻繁に使うプラグインはWAVESではないものを使っています。もし必要になってもFL内臓ので十分でしょう。結果、WAVESにバンドルされている多様なプラグインは不要となりました。



 DTMerのみなさんでWAVESを入れようか迷っている方もいらっしゃると思います。以前はWAVESが突出した存在でしたが今ではどこも高品質になりました。購入するかしないかは気になるプラグインの体験版を使ってから判断するといいですね。体験版のない会社のは最初から検討しなくてよいでしょう。

 ここで添削をお願いしました

ココナラ
https://coconala.com/services/20083


・ココナラとは
 個人がサービスを購入、提供するサイトです。"ここならなんとかなるんじゃね?"のココナラでです。例えば愚痴聞きます、アイコン描きます、マスタリングします、など個人が持っているちょっとしたノウハウを販売しています。オーダーは500円からと安価ですが、ここでの商品は基本的にバックエンド(より上位の商品につなげるための体験会)となっています。

今回添削していただいたのはこれ。なんか変だけど理由がわからず困っていたので依頼しました。

raychell093
 添削結果。全12枚のうち3枚
 顔のバランスについて
添削03
添削06
 デッサン、人体構造から理論的に教えていただきました。すんなり納得でき頭に入りました。6.5頭身とは自分では思ってなかったです。いつも8頭身で描いてる気でいましたから。


 下が添削していただいた八木葵様のメインサイトです。

・イラストレーターになりたい方へ
http://yagiaoi777.iinaa.net/index.html
・イラストレーターになるには    
http://ameblo.jp/suzuran-777/
 

 一月32500円と決して安くはないですが、プロになるノウハウを学べるのなら妥当な料金だと思います。本気の人だけが受講する感じですね。
 自分の絵柄は気に入ってますが、もしエロゲような絵が描けたら色んなことできるだろうなーと。tcの演出ももっとかっこいいく。今は一枚描くのに大変でゲーム開発のボトルネックになっています。なのでいずれは受講してみたいところです。


で、今年はラスト3ヶ月で音楽関連大きな変化がありました。

11月 


  
 作る気もなかった神話幻想。原曲も3年位聞いてないのですが、急にメロディが現れました。本とかネットでEQやコンプの使い方は見ていたのですが、この楽曲ですべてが理論的に繋がりました。これ以前の楽曲と明らかにクオリティが異なります。まさにブレイクするーなのです。

 
 12月


 Cold Determination
 
 楽曲自体は8月(真夏に作った氷の曲)完成ですが、こちらもアートワークに影響を受けて再構築した作品です。

 アートワーク原画はこちら




 これは僕のために書いてくれたわけではなく、友人が公開していたのを見て”cold determinationに使える”と思い使わせていただきました。楽曲はいつもの ウィンディア をイメージキャラクターとして作成したもので、この冷たい背景にぼんやりとした彼女の姿を重ねてみたいと思ったのです。


 これも絵と曲の相互作用でクオリティを高めた作品です。



 2015年まとめ
  • 東方関連で昔やり残したことを完了した
  • 他者との協力で作品を作った



 2016年をどう過ごすか 
  
 私用で例大祭は参加できません。いつとは決めてませんが、東方サイケプレスCDを頒布する予定です。楽曲は全部ニコニコにUPします。”wavファイルで音楽を聞きたい””形として持っておきたい”とうい声が増えてきたら作成します。
 5.6年前にやり残したことの中で最たるのがプログラミングです。最近ちょっとづつ勉強してますが、当時に比べサクサク理解できてます。うーん、僕の思考レベルが上ったのかなw。主人公はテクノ所長の予定ですが、主人公っぽくならないんですねー、敵キャラのほうが強烈なストーリーを持ってしまうので・・・。
 そこで発想を変えてみました。彼女は主人公というよりもストーリーテラーなのだと、小説で言うところの語り手ですね。そう考えると成長したこの子を使いやすくなります。

 
DTM ブログランキングへ

 

 大晦日、やることなし故今年を振り返る


 今年は変化の多い年でした、学校だとかサークルに参加して例年にない多くの出会いがありました。どれも刺激的で面白い方々がたくさんいました。今年知り合った方々、どうもありがとうございました。来年もよろしくお願いします。


 ここでは同人活動を中心に振り返ります。



 5月

 やっぱり今年もっとも大きな出来事は例大祭へのサークル参加です。長年やってみたいなあと思いつつ踏ん切りがつかなかった案件ですが、今年なんとか達成することができました。6年前と違うのは自分の楽曲クオリティがあがったことと、別にCD-Rでもいいやって開き直れたことですね。5.6年前、東方にはまってた頃は有名サークルしかしらず、コピー本とかCD-R出展者なんてしらなかったので、例大祭に出すにはかなりのクオリティが必要と思い込んでました。いま改めて見回すと、みんな気楽に出展していますね。

  

 
 
 10月


 これ、だいぶ楽しんでいただけたようでよかったです。楽曲クオリティはいまいちですがまだマシにしました。完成品を提示してアートワークを依頼したのですが、帰ってきたアートワークが予想以上のハイクオリティだったので、”このままじゃ釣り合わねーぞ”と思い修正しました。
 協力してくれる他者の影響で自分の作品が変わるという体験を初めてしました。複数人・サークルでものを作るってこういうことなのかなーと、一人だけでは想定できないレベルの作品を作れる、という点で楽しいのかもと思いました。

 実は東方手書き動画を作ったのもこれが初めてです。5,6年前に東方手書き漫画をよく見ていて、自分もやってみたいなあと思っていたのですが、当時はキャパが足りなかったのです。

 
 で、ついに正統派の手書き動画を作ることができました!



 こういうの20本くらいUPしてる人すごいよね。6分の動画で4コマ15本使ってます。


 続く


 
DTM ブログランキングへ
  

↑このページのトップヘ